TR3 Photo Gallery の写真ブログ


by tr3_blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Newレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED で花撮り♪ 60mmMicroとの比較 無謀(^◇^;)

いっちゃいました・・・AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED (^_^;)
先に購入したAF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G EDは計画的な行動でしたが、これは・・・・(^^;ゞ
ま、14-24mm のナノクリ性能を見せつけられたらたまったもんじゃありません!
先立つものは無くても、分割払いが・・・と、震える手でポチりました(^◇^;)

さてさて、その味見は・・・とは思っても、なかなかチャンスがない!
・・・・
そう言えば、この時期から温室で洋ランが咲き始めているのを思い出しました(^.^)
無彩色の雪景色に多少飽きてきたので、温室の花を撮りに行くことにしました。
さてさて、単に撮りに行くのでは面白くない・・・・
そう言えば、花撮りは基本マクロレンズを使います。
そこで、今回はちょっと無謀な話ですが、焦点距離がかぶるAi AF Micro Nikkor 60mm F2.8Dと比較することにしました。
旧モデルのマクロレンズとはいえ描写に定評のある単焦点マクロレンズとズームレンズを比較するのはナンセンスだと思いますが、今後24-70mmでも花撮りする場合が多くなると思うので、その癖をつかむ意味でも良いかな?と思ってのトライです(^^ゞ

案の定、温室には洋ランが所狭しと咲き誇っていました♪
三脚にD700をセットし、24-70mmを焦点距離60mm付近に合わせ、絞り優先モードでそれぞれのレンズで絞りを変えて同じ被写体を撮り比べてみました。
ピント位置は同じに設定しましたが、ピントはオート。
(これがいけなかったのか、家のPCで確認した所、レンズによって微妙にずれていました・・・)
なお、撮影はraw、Capture NX2でサイズ変更のみで現像したものです。

先ずはそれぞれの絞り開放の写真です。

Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8Dは今回の条件では実効絞りがF3.2が最小でした。
b0046431_18301751.jpg

AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDは実効絞りもしっかりF2.8です。
b0046431_18311576.jpg


ま、開放絞り値が違うので、まともに比べるのも何ですが、先ず気づくのが色のりですね。
Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8Dの方が色が濃く出ています。
好みもあるでしょうが、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDのあっさりした色合いの方が自然に感じます。
バックのボケ具合はどちらもそれほど綺麗とは言えませんね。
ちょっとうるさい感じがします・・・・。
Micro 60mmは2線ボケの傾向がありました“...φ(^ω^*)

ピントを合わせた部分を拡大して比較です。
先ず、Micro 60mm F3.2
b0046431_1839822.jpg

次に、24-70mm F2.8
b0046431_18394722.jpg

ピント位置が違いますねぇ(^_^;)
細かなことは別として、さすがMicro 60mmはシャープな描写ですね。
24-70mmはややソフト感がありますが、ズームレンズとしてはなかなかの描写です(^.^)

実際の撮影では、ボケねらいで絞り開放も多用しますが、多少絞ったF5.6位もよく使います。
一般的に開放より数段絞った方がレンズの描写性能が上がるといわれています。
では、F5.6での描写はどうでしょう・・・・。

先ず、Micro 60mm F5.6
b0046431_1845439.jpg

次に、24-70mm F5.6
b0046431_18462473.jpg


両レンズの描写がよく似てきました。
バックのボケ具合も良くなってきました。
σ(^-^*)的にはこのレベルでOKです。

ピント位置での比較です。
先ず、Micro 60mm F5.6
b0046431_1849770.jpg

次に、24-70mm F5.6
b0046431_1849337.jpg

絞っただけあって、両レンズとも開放よりキレが良くなっていますが、やはりMicro 60mmの方がシャープです。

では、ボケ部分の比較は・・・・
先ず、Micro 60mm F5.6
b0046431_18552682.jpg

次に、24-70mm F5.6
b0046431_18555933.jpg

ボケ具合には多少の違いはあるものの、σ(^^)的には問題なし(^_-)

最後に、花撮りは絞ってもF16が上限だと思っているので、念のためのF16での比較。

先ず、Micro 60mm F16
b0046431_18593729.jpg

次に、24-70mm F16
b0046431_1901549.jpg

ここまで絞ると、Micro 60mmはちょっとカリカリ感が強くなってしまいますね。
このレンズでの花撮りはF16を避けたいと思います。
むしろ、24-70mmの方がほどよい描写で綺麗♪
ってことは、24-70mmでの花撮りは開放からちょっと絞ってF16までOKと言うことです!“...φ(^ω^*)

今回の比較は、そもそも単焦点マクロレンズとズームレンズを比較するといった無謀な行為でしたが、意外と24-70mmの描写が良いのに驚きました(^_^)
絞りを数段絞れば、単焦点に劣らない描写が得られることが分かっただけでも今回の比較は収穫です(^.^)

ネット情報によれば、この24-70mmレンズは広角側が若干甘めの描写ですが、テレ端側の描写は良いとの評判ですから、今回の60mm付近でのこの結果は評判通り!と自分で納得(^.^)
これからの花が咲き始める春が待ち遠しい!!
[PR]
by TR3_blog | 2010-01-31 19:08 | Nikon D700